2013.09.18更新

インプラント治療は、まず顎骨の歯槽骨に人工歯根を埋め込みます。
この人工歯根はフィクスチャーと呼ばれるネジ状のものです。
フィクスチャー自体はチタンやチタン合金でできていて、さまざまな種類があります。
多くは、直径4ミリ程度で長さが10ミリ程度のものです。

フィクスチャーの上には、人工の歯を支えるためのアバットメントと呼ばれる土台を取り付けます。
フィクスチャーの頭にある穴はアバットメントを連結するようになっています。
アバットメントもチタンやチタン合金、中にはセラミック製のものもあります。

このアバットメントに上部構造体である人工の歯を被せて固定します。
人工の歯にもインプラントクラウンやポーセレンクラウンと言われるセラミック製のものがあります。
詳しくは泉佐野市の当歯科までお問合せください。

投稿者: 日根野谷歯科

日根野谷歯科 〒598-0007大阪府泉佐野市上町3-4-23 診療時間 平日 9:00-12:00/14:00-19:00 休診日 土曜午後・日曜・祝日 まずはお気軽にお電話下さい TEL:072-464-7172
ご予約・お問い合わせはお気軽に 診療時間 9:00-12:00/14:00-19:00 休診日 土曜午後・日・祝 TEL 072-464-7172

新着情報

一覧へ >
2018/11/06NEW
11月10日㈯ピエールフォシャールアカデミー国際歯学会出席のため休診いたします。
2018/11/04NEW
平成30年度第2回学術講演会②
2018/10/28NEW
平成30年度第2回学術講演会①
2018/09/17
第48回日本口腔インプラント学会学術大会
2018/09/13
9月15日㈯インプラント学会出席のため休診いたします。
v